iPhoneは初代から大きく変化してきた

最新iPhone

最新のiPhoneはどこまで進化したのでしょうか。たとえば画面解像度は初代が320x480だったものが、最新のものでは2436x1125となっています。これはとても高い解像度となっています。ppiは初代が163だったのが最新のものでは458となっています。また、生体認証というものが加わっています。初代は単純に数字を入力してロックを解除していたのが、今では顔認証ができるようになっているのです。ストレージについては初代は4GBか8GBしかなかったものが今では64GBか256GBを選択することができます。

初代は動画の撮影に対応していなかったのが、今ではかなりの高解像度の動画を撮影することができます。また、初代は背面カメラしかなかったのが、今では前面カメラも搭載されています。

最新のiPhoneでは、たとえば写真を撮影する際には被写体と背景のメリハリをつけることができます。特別な技術を持っていなくても、誰でもきれいな写真を撮影できるようになっているのです。もうわざわざデジカメを持ち歩く必要はなくなっています。

このように初代と比較するとiPhoneはかなりの進歩を遂げています。また、これからもどんどん進化していくことが予測できるでしょう。さまざまな変化を経て現在に至っているのです。iPhoneの進化のスピードはとても速いです。